« September 2004 | Main | November 2004 »

October 27, 2004

技術者発想を捨てろ!

 【今週の一冊】
 ●『技術者発想を捨てろ!』
  実践的MOTでキャリアが変わる

  著:大阪ガス実践的MOT研究会 監修:永田 秀昭(ダイヤモンド社)
   2004.9 / ¥1,680
-----------------------------------
 ◆ 燃える一言 ◆
 『技術者は機械ではない。機械を支配する仕事だからこそ人生を語り、
         人間をマネジメントできる能力がなくてはならない。』
-----------------------------------
 MOT(Management of Technology、技術経営)は最近よく耳にしますが、
 残念ながらまだ全体像がつかめていません。
 
 本書でも「教育内容は百家争鳴」とありますが、大事なことは、実際に技術
 を活かした経営を「実践」することに間違いありません。
 
 大阪ガスの現場で、技術者が経営で成功し、利益をもたらしたノウハウと、
 さらにその応用事例が詰め込まれた本書は、現場で磨かれた「技術経営」の
 生の姿です。
 
 「冷やしたぬき、売れてます」というガスヒーポン(ガスで動かすヒートポ
 ンプ)のCMを、関西地方の方は見たことがあると思います。
 
 夏場に不足する電力を、ガスで冷房する「ガスヒーポン」によって解消する
 という「夢の商品」でありながら、営業は苦戦し、夢のままで終わってしま
 う危機が訪れます。
 
 当事者意識が欠如した社内を、「シェア0%をシェア50%に!」という決
 起大会を経て、10年で実現するまでの過程から、技術者の発想を変える6つ
 の法則が導き出されました。
 
 中でも重要な法則の一つが、「『技術のロマン』に『ビジネスのロマン』を
 重ね合わせろ」です。
 
 技術者は「コア技術を磨く」(これも法則の一つですが)ことには脇目も振
 らず夢中になりますが、それだけを追及できる人はわずかであり、またビジ
 ネスとしての結果を生まねば「技術のロマン」で終わってしまいます。
 
 逆に、技術的に難題を抱えていても、顧客満足を第一に考える「ビジネスの
 ロマン」へと目を向けると、ブレイクスルーがあります。
 
 技術者、営業、メンテナンス等多くの人たちを「一つのビジネスのロマン」
 の実現に向かって走り出させるコンダクター(指揮者)がMOTなのです。
 
 ここでもう一つの法則「ドリームパワリングを発揮しろ」が出てきます。
 
 ビジネスのロマンを描いたら、それを共有する「夢」を供給するのです。
 
 一人、二人ではリードするのには限界があります。議論より先に、より多く
 の人に夢を提供し、共有することで、ビジネス成功のために一緒に戦ってい
 る、という喜びを実感できるようになります。
 
 そして「ビジネスの感動」を積み重ねていくことで、夢は広がり、感動は顧
 客にも伝わっていくのです。
 
 技術者がビジネスの成功のために、全員を引き連れて突き進む様子を、パリ
 の七月革命をテーマにしたドラクロワの絵画「民衆を導く自由の女神」が、
 旗を高々と掲げるイメージとして筆者は想起しています。
 
 う~ん、燃えるねぇ!!
la-liberte.jpg

 夢の実現のために、法則「技術者の工程表を疑え」は耳に痛いところです。
 
 営業担当者が、日々の結果を求めて必死に過ごしているのに対し、開発2年
 と決めたら、同じ真剣さでエンジニアは毎日仕事をしているでしょうか?
 
 今の開発のスピードは、「ザ・ゴール」のTOCで言うところの、「ネック
 工程」になっていないでしょうか?
 
 技術のロマンからすれば雑用はなくとも、ビジネスのロマンを重ねると、い
 くつかは思い切ってカットして、スピードが出せるはずです。
 
 経営手法や技術管理の手法などのツール=小手先の前に、「えんぢに屋魂」
 に火を点けることの大切さを痛感した(ガスをも着火する!)熱い本です。
───────────────────────────────────
 ◆ 熱い行動 ◆
 24時間、頭の片隅に問題意識を持ち、土日で考え、月火水で動き回り、木金
 で成果を出し、また土日で戦略を練る、というサイクルで動いてみよう。
 
 自分の取り組んでいる技術が、世の中を変えるロードマップを自ら作ろう。
-----------------------------------
 ◆ 燃えるゲージ ◆ | 炎 | 炎 | 炎 | (炎3つが満点)
-----------------------------------
 ◎ 目 次 ◎
 第1章 大企業病にかかった技術者たち
 第2章 技術者のジレンマを解決する「実践的MOT」
 第3章 技術者が営業の最前線に立つ日
 第4章 技術者の発想を変える6つの法則
 第5章 自由化の中での意識改革
-----------------------------------
 ● ひとこと ●
 新潟地方で震災に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。
 自然の脅威を見せつけられ、愕然としていましたが、長岡にお住まいで被災
 された技術士の方が、無事の知らせに加えて、

 「工場の危機管理を実体験しながら勉強しています。」

 とのメッセージを寄せてくれました。
 その力強さ、前向きさに感激すると共に、自然と共生し、困難を知恵で乗り
 切ってこそ「えんぢに屋」であると、かえって勇気をもらいました。

| | Comments (268) | TrackBack (0)

October 23, 2004

ニッポンの工場 ヒトが変わる

しばらく日常の業務と、家庭内平和維持活動(FPK)のため、メルマガ記事以外はお休みしておりました。
ぼちぼち投稿していきますので、よろしくお願いします。

さて、今日は日経新聞で10/19~21に掲載されたコラムについての紹介です。
「ニッポンの製造現場を支えるヒトを巡る動き」について、生産現場での「人材」の活かし方、見つけ方、育て方が描かれています。
(抜粋はこちらにも紹介されています)

特に興味深いのは、最近トヨタの人材不足を懸念する話題が目立つこと。
先週の「日経ビジネス」は、ずばり「トヨタ 世界制覇へ4つの試練」と題して、世界戦略による急激な拡大が、人材不足を招いている事を、まず取り上げています。
トヨタ自動車株で自分年金を作ろう」という本がベストセラーになるほど、安定成長の世界一の優良企業ですら、いや、優良企業だからこそ、その土台は「ヒト」であることを認識させられます。

これまでのリストラで次代の担い手が少ない上に、団塊の世代が徐々に現場を去り、技能やモラルの低下が起きることが、大小を問わず、日本企業の足かせになります。
いかに研究・開発の成果を「早く・うまく・安く」商品とするか、そして安定して供給し続けるか。
現場のカイゼンを、様々な人材で協力して継続するか。
生産技術に携わる者として、どこも同じ悩みを抱えているんだなぁ、と共感を覚えると共に、なんとかしたろやないか!と奮起せずにおれません。

| | Comments (148) | TrackBack (0)

October 20, 2004

ものづくりをあきらめるな!

monodukuriwoakirameruna.jpg
 【今週の一冊】
 ●『ものづくりをあきらめるな!』
  小さな町工場「三鷹光器」世界への挑戦

  著:新井 洋(すばる舎)
   2004.06 / ¥1,470

-----------------------------------
 ◆ 燃える一言 ◆
 『何でみんなが困っているか、それを知ることに尽きます。
     誰も困っていないならば、そもそもものづくりはいらないんです』
-----------------------------------
 「元気な中小企業」といえば、痛くない注射針のプレス加工「岡野工業」、
 100万分の1グラムの歯車を樹脂成形する「樹研工業」などが有名ですが、本
 書の「三鷹光器」も、負けず劣らずユニークな町工場です。
 
 従業員は37名という、決して大きくないこの工場が、世界最王手の光学機器
 メーカ「ライカ」と提携し、またスペースシャトルに搭載されたカメラの製
 造を手がけるなど、大手企業を向こうに回して大活躍しています。
 
 その原動力は、「必要なものをつくる」というシンプルな企業理念と、製品
 に込められた「仕掛け」にあります。
 
 「必要なものをつくる」のに対して、「便利なものはつくらない」。
 
 そのこころは、「便利なものは我慢すればいい。必要なものはつくらなけれ
 ば仕方がない」から、例えば外科手術に用いる医療用の光学機器に、天体望
 遠鏡で培った技術を反映させています。
 
 便利なもの、安いものを大量に作っていては、大手との価格競争に飲み込ま
 れてしまうため、手を出さないのです。
 
 一方の「仕掛け」とは、技術者が、自分でものづくりをして捻り出すアイデ
 ィアです。
 
 製品についてはあまり議論せず、設計者がまず1台、自分の手で作る。
 
 その現物を本人がいじりまわすから、問題点の把握も、その解決も早い。
 
 その解決に、ひと知恵「仕掛け」を入れるのが、三鷹光器流なのです。
 
 このように、自分で手先を動かせる「職人」が、設計から製造、営業そして
 修理までこなして一人前になっていきます。
 
 だから、一流大学を出たかどうかではなく、地味な仕事を真面目に続けられ
 るか、手先が器用かを見るために、採用試験では「模型飛行機」を作らせる
 そうです。
 
 紙と竹ひご、バルサ材の小片でできる簡単なものですが、その出来栄えで「
 全てわかる」と言い、飛ばなければ「お帰んなさい」。
 
 (十数年?数十年?前に作って遊んだけれど、今試験を受けたら、とても合
 格する自信ないなぁ・・。)
 
 入社後は、徹底して現場で技能、技術を叩き込み、宇宙空間から脳内の構造
 に至るまで、「広く深い」分野に精通する事が求められます。
 
 規模は追わず、さらに一つの開発にのめり込まず、常に大企業の考えている
 「先の先」を睨んで、開発を継続していく。
 
 本書の取材時には、10数の新しいテーマに取り組んでいたようです(社員
 37人で?!)。
 
 21世紀の中小企業の、あるべき姿の一端が描かれています。
───────────────────────────────────
 ◆ 熱い行動 ◆
 少なくとも、3つの仕事をマスターしよう。
 その技術に軸足を置いて、問題をオリジナルの「仕掛け」でやっつけよう。
-----------------------------------
 ◆ 燃えるゲージ ◆ | 炎 | 炎 |   | (炎3つが満点)
-----------------------------------
 ◎ 目 次 ◎
 第1章 今、どうして三鷹光器が注目されるのか
 第2章 頑固なまでにものづくり一徹!
 第3章 小よく大を制する!小さな町工場の経営理念
 第4章 ユニークな採用方針と一貫した職人育成
 第5章 やるべきことはたくさんある!三鷹光器の新たな挑戦
 第6章 三鷹光器を通して見えてきた中小企業の生きる道

| | Comments (41) | TrackBack (0)

October 13, 2004

生涯最高の失敗

syougaisaikou.jpg
 【今週の一冊】
 ●『生涯最高の失敗』

  著:田中 耕一(朝日新聞社)
   2003.09 / ¥1,260

-----------------------------------
 ◆ 燃える一言 ◆
 『だれにでも、当然のことながら、独創性があります。
    「人類は創造的な動物である」という事実を忘れないでください。』
-----------------------------------
 先日、今年のノーベル賞授賞者が発表になりました。
 今年は日本人の授賞者はありませんでしたが、2年前の小柴教授と田中耕一
 さんのダブル授賞は、記憶に新しいと思います。
 
 特に、「企業内研究者」の田中さんの授賞は、同じような立場の企業のエン
 ジニアに、大いに勇気と夢を与えてくれました。
 
 しかし一方で、世間の関心は、田中さんのユーモラスな言動にばかり向けら
 れ、授賞の業績が正しく伝えられていたのか、また企業内エンジニアに対し
 て敬意が払われていたのか、大きな疑問があります。
 
 1日にしてタレントや芸能人のように扱われるようになり、最もその疑問を
 感じていた田中さん自身が、業績の内容と、エンジニアとしての生き方を語
 ったのが本書です。
 
 授賞理由となった、たんぱく質などの生体高分子の質量分析手法の発見につ
 いて、分析の原理や応用範囲、そして発見の経緯が、分かりやすいたとえを
 交えて、詳細に述べられています。
 
 タイトルにもあるように、田中さんの発見は「失敗」から生まれたものです
 が、それは決して棚からぼた餅のような、訳もなく見つかったものではあり
 ません。
 
 それまで何千回と実験を繰り返し、同じようなデータ(ほとんどノイズ)を
 見続け、そして可能性を信じていたからこそ、ほんの僅かなチャンス=ノイ
 ズの中の信号をキャッチすることができたのです。
 
 「理論が正しいかを確かめるのが実験であり、理論がなければ実験で失敗を
 重ねるしかない」
 
 「自分が化学の専門家ではないから、経験や常識にとらわれずに、何でもや
 ってみようとしたのが良かった」
 
 などの言葉は、前向きに、ひたむきに現場で現物に向かう素晴らしさを教え
 てくれます。
 
 「現場が好き」で「実験が楽しい」と仰る田中さんの周りには、ノコギリ目
 立て職人のお父さんや、「もったいない!」が口癖のお婆さん、自由な発想
 で実験をさせてくれた小学校の先生、つねに誉め励まし続けた先生方、そし
 て好奇心を育んでくれた、富山や仙台の豊かな自然がありました。
 
 ご自身の育った環境や、研究の場での体験を通して、子供達が科学に興味を
 持ち、エンジニアが創造性を発揮できる環境を提案されており、技術立国と
 しての今後の日本に、なんとか貢献していきたいという熱意が伝わります。
 
 そして、質量分析器を発展させて、将来は「サラリーマンがちょっと薬局に
 寄って、一滴の血液で数百の病気の健康診断ができる」ようにしたいという
 、壮大な夢も語られています。
 
 エンジニアとの対談『メタルカラーの時代』の連載をされている山根一眞氏
 のインタビューでの、技術の絶妙な説明や、微笑ましい一面も収録されてお
 り、「身近なノーベル賞エンジニア」田中さんの魅力が溢れています。
───────────────────────────────────
 ◆ 熱い行動 ◆
 こつこつとものづくりに打ち込み、とことん突き詰めよう。
 自身の技術や成果を、周りの人に伝える努力も必要だ。
-----------------------------------
 ◆ 燃えるゲージ ◆ | 炎 | 炎 | 火 | (炎3つが満点)
-----------------------------------
 ◎ 目 次 ◎
 1 エンジニアとして生きる
 2 生体巨大分子を量る
 3 対談・挑戦と失敗と発見と(田中耕一×山根一眞)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 06, 2004

技士道~「ものづくり道」から

本日(10/6)紹介した、「ものづくり道」にて、西堀氏が提唱されている「技士道」15項を紹介します。
技術者がよるべき道徳律、技術者としてのあるべき姿、良心に恥じないための行動体系として提唱されています。
企業や学協会の企業倫理にも多く通ずるところがあり、それぞれの意味するところは「ものづくり道」に詳しく述べられています。

1.技術に携わる者は、「大自然」の法則に背いては何もできないことを認識する。
2.技術に携わる者は、感謝して自然の恵みを受ける。
3.技術に携わる者は、論理的、唯物論的になりやすい傾向をもつ。したがって、特に精神的に向上するよう精進する。
4.技術に携わる者は、技術の結果が未来社会、および子々孫々にいかに影響を及ぼすのか、公害、安全、資源などから洞察予見する任務を負う。
5.技術に携わる者は、企業の発展において技術がいかに大切であるかを認識し、経済への影響を考える。
6.技術に携わる者は、常に顧客指向であらねばならない。
7.技術に携わる者は、人倫に背く目的には毅然とした態度で臨み、いかなることがあっても屈してはならない。
8.技術に携わる者は、互いに「良心」の養育に努める。
9.技術に携わる者は、創造性、とくに独創性を尊び、科学・技術の全分野に注目する。
10.技術に携わる者は勇気をもち、技術の開発に精進する。
11.技術に携わる者は強い「仕事愛」をもって、常に精進する。骨惜しみ、取り越し苦労を戒め、困難を克服する事を喜びとする。
12.技術に携わる者は常に注意深く、微かな異変、差異をも見逃さない。
13.技術に携わる者は、責任転嫁を許さない。
14.技術に携わる者は常に楽観的で、「禍い転じて福と為す」の諺のように失敗を恐れず、それを成功にもっていく術を身につけねばならない。
15.技術に携わる者は何事をなすにも「仁」の精神で、他の技術に関わる者を尊敬して、相互援助の実をあげる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ものづくり道

monozukuridou.jpg
 【今週の一冊】
 ●『ものづくり道』

  著:西堀 榮三郎(ワック)
   2004.07 / ¥1,575

-----------------------------------
 ◆ 燃える一言 ◆
 『遠い将来の子孫が、「あのとき作ってくれて本当によかったなあ」
     と思えるような事物を作ることが真の技術だと、私は思っている』
-----------------------------------
 量産真空管の発明、原子力の研究や原子力船「むつ」の建造、また統計的品
 質管理手法を全国に広めるなど、西堀氏が戦後日本のものづくりに残した功
 績は多大です。
 
 一方で、南極観測隊やヒマラヤ登山の隊長を務め、探検家としても一流であ
 り、極寒の極限状態での体験談などが、本書にも記されています。
 
 うーん、なんてバイタリティに富んだ「えんぢに屋」なんだ!
 
 一見すると無関係に思える科学と探検ですが、「未知への探究」という点で
 共通しています。
 
 「いったい、この先はどうなっているのか」という探究心が、氏は人一倍強
 かったようです。
 
 この知的分野と自然界に対する探求の過程から、「オリジナリティの発揮方
 法」「チームワーク・リーダーシップ論」、また「統計的品質管理の手法」
 などが、展開されます。
 
 それらは、単なるノウハウ集や、欧米の安易な真似ではなく、「虚心坦懐な
 観察」と知識に裏付けられており、説得力を持って迫ってきます。
 
 特に、「人類の福祉のために、大自然の恵みを感謝して受ける」姿勢の重要
 性が、ひしひしと伝わってきます。
 
 ものづくりのみならず、人類の活動の目的は、「人類の福祉」。
 
 科学とは、大自然(天然だけではない、人間も含む森羅万象)の探求。
 
 そして技術とは、感謝の念を持って、大自然の恵みを頂くこと。
 
 このような観点に立てば、作る側本位の「画一的な大量生産」ではなく、お
 客さんの要求・バラツキを考慮した作り方が必要になります。
 
 作り手の配慮は魅力となり、お客さんの愛着が深まれば、製品の寿命も自ず
 と長くなるでしょう。
 
 あるいは、生産方式について考えると、分業で「つくる人」「検査する人」
 がハッキリ分かれると、能率は上がっても、「良いものを作ろう」という生
 産者が持つ生産意欲の向上は望めません。
 
 西堀氏は、人が人を使うのではなく、自分の作ったものを自分で検査する
 「信頼による管理」を提唱し、効果を上げています。
 
 最近の流行で言えば、循環型社会やユニバーサルデザイン、セル生産などの
 言葉があたりますが、その「志(こころざし)」は、氏が説くところにある
 のではないでしょうか。
 
 技術者が心得るべき志を、「技士道」と称して列記されています。
 
 手練手管ではなく、ものづくりの哲学を、技術者一人ひとりの胸に刻み込む
 ことが、今、求められています。
───────────────────────────────────
 ◆ 熱い行動 ◆
 工場にはびこる「迷信」を廃し、虚心坦懐に観察し、現場・現物の声に耳を
 傾けよう。
 自然の恵みを、技術の介添えで、夢の実現に結びつけよう。
-----------------------------------
 ◆ 燃えるゲージ ◆ | 炎 | 炎 | 炎 | (炎3つが満点)
-----------------------------------
 ◎ 目 次 ◎
 第1章 オリジナリティのつくり方
 第2章 異質×異質
 第3章 価値を生む術
 第4章 現場にあるアイデア
 第5章 大自然と経験と
 第6章 ものづくり道

| | Comments (30) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »