« インクス流! | Main | 技術士勉強会&忘年会。 »

December 22, 2004

ロウソクの科学

 【今週の一冊】
 ●『ロウソクの科学』

  著:ファラデー 訳:三石 巌(角川書店)
   1962.10 / ¥357
-----------------------------------
 ◆ 燃える一言 ◆
 『この宇宙をまんべんなく支配するもろもろの法則のうちで、
     ロウソクが見せてくれる現象にかかわりをもたないものは
                 一つもないといってよいくらいです。』
-----------------------------------
 皆さんが子供の頃に読んだことがあるかもしれない、科学読み物の古典的な
 名作を、今回は紹介しましょう。
 
 本書は、140年余り前(!)の、キャンドル・ライトが輝く丁度今頃、ロン
 ドンの王立研究所で連続6回行われた講演の記録です。
 
 講演者は、かのマイケル=ファラデー教授、その人でありました。
 
 ファラデーと言えば、電磁誘導の原理や、電気分解の法則を発見し、コンデ
 ンサー容量の単位「F(ファラド)」にもその名が冠されるなど、物理化学
 分野で多大な業績を残しています。
 
 そんな大学者が選んだ講演の題目は、一本のロウソク。
 
 「そんなありふれた、面白みのないもの」という思いは、前出した彼の「燃
 える言葉」によって掻き消されてしまいます。
 
 ロウソクは、炭素・水素・酸素からなる固体で、火をつけて燃えるもの…、
 と単純に「わかったつもり」になっていますが、なんのなんの、実に奥深く
 複雑で、絶妙なバランスで光と熱を発していることが、今更ながら分かりま
 す。
 
 例えば、なぜろうそくの火は明るいのでしょう?
 
 「火が明るいのは当たり前」というのは間違いです。例えば、ガスバーナー
 に十分な空気を送り込むと、激しく燃焼しているにもかかわらず、炎はほと
 んど見えません。
 
 物体が明るく輝くためには、「固体」でなければならず、ロウソクの明るさ
 とは、「炭素の粒」が輝いているのです。
 
 それが証拠に、明るいはずのロウソクの炎に太陽光を当てると、その「影」
 を見ることができます。
 
 ファラデーは、これらの現象を一つ一つ丁寧に、そして魅力的な実験を、次
 次と聴衆の前で実演していきます。
 
 しかも、興味を持った子供たちが家で実験をしやすいような道具や材料を用
 意し、注意事項やコツを丁寧に説明してくれています。
 
 ロンドンっ子達が、瞳を輝かせながら、まるでマジックのような自然現象の
 不思議に心奪われている様子が、ありありと浮かんできます。
 
 私自身、水の電気分解の実験をしたときの、水素と酸素が見事に2対1で生
 成される感動や、水素を燃やしたときの「キュン!」という音を聞いた驚き
 が蘇ってきました。
 
 「窒素ってつまらん気体だなぁ」と、中学校のときに思ったものですが、フ
 ァラデー先生は「窒素は火を鎮めてくれ、においや煙を消し去り、植物を養
 う全く驚くべき働きをしています」と教えてくれます。
 
 炭素が燃えてなくなる様子を「まわりの酸素にとけこむ」と表現し、燃焼し
 ても鉄のように固体のまま残れば、内部が空気と接することができず、連続
 して燃えることはできない、という着眼点に感心させられます。
 
 小中学校の学力の低下や、理科への関心不足が心配されていますが、こんな
 面白くて、愛情に溢れた講義を聴いたならば、きっと自然科学の魅力は伝わ
 るはずです。
 
 もうすぐ冬休み。
 お子さんと一緒に、「ロウソクの科学」してみませんか。
───────────────────────────────────
 ◆ 熱い行動 ◆
 わかったつもりの原理・原則を、子供にも分かるように説明してみよう。
 
 二酸化炭素から炭素を、簡単に分離する方法を考えてみよう。
-----------------------------------
 ◆ 燃えるゲージ ◆ | 炎 | 炎 | 火 | (炎3つが満点)
-----------------------------------
 ◎ 目 次 ◎
 第1講 一本のロウソク―その炎・原料・構造・運動・明るさ
 第2講 一本のロウソク―その炎の明るさ・燃焼に必要な空気・水の生成
 第3講 生成物―燃焼からの水・水の性質・化合物・水素
 第4講 ロウソクの中の水素―燃えて水になる・水のもう一つの成分・酸素
 第5講 空気中に存在する酸素・大気の性質・その特性・ロウソクのそのほか
     の生成物・二酸化炭素・その特性
 第6講 炭素すなわち木炭・石炭ガス・呼吸および呼吸とロウソクの燃焼との
     類似・結び
-----------------------------------
 ● ひとこと ●
 今年はやはり、記録的な暑さだったようですね。
 
 >1946年以降、12月中旬までの年間平均気温は東日本で1位、北日本、西日本
 >で同2位。
 
 昨日からようやく冬らしい寒さになってきましたが、ここぞとばかり、低温
 状態で行う実験を、半日吹きさらしの中でやっています。
 
 急激な変化に、身体がついてきません…。

|

« インクス流! | Main | 技術士勉強会&忘年会。 »

Comments

I recently came across your post and have been reading along. I thought I would leave my first comment. I don't know what to say except that it caught my interest and you've provided informative points. I will visit this blog often.

Thank you,

Small Business Loans

Posted by: Small Business Loans | April 10, 2010 at 04:01 AM

I'm Glad i found this website.Added endinear.way-nifty.com to my bookmark! Check out my Kissing Guide !

Posted by: Kissing Guide | February 17, 2011 at 05:15 PM

After I originally left a comment I appear to have clicked on the -Notify me when new comments are added- checkbox and now each time a comment is added I recieve 4 emails with the exact same comment. Is there a means you are able to remove me from that service? Thanks!

Posted by: free music downloads | April 03, 2015 at 09:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48474/2338373

Listed below are links to weblogs that reference ロウソクの科学:

« インクス流! | Main | 技術士勉強会&忘年会。 »