« ムダとり | Main | E=mc2 »

July 11, 2005

中小企業ですがモノづくりでは世界でトップです

chyuusyoukigyou_top
 【今週の一冊】
 ●『中小企業ですがモノづくりでは世界でトップです』
  世界を制するオンリーワン中小企業

  著:木村 元紀(洋泉社)
   2005.05 / ¥1,575

-----------------------------------
 ◆ 燃える一言 ◆
 『ピンチはチャンスといいますが、ピンチは乗り越えられなかったら
                ピンチのまま。会社もつぶれてしまう。
   追い込まれて、必死になって頭をフル回転させ、
              難題を解決して初めてチャンスになるのです』
-----------------------------------
 日本の製造業のうち、資本金3億以下の中小企業が99%、そのうち約半数は
 資本金1000万円以下の、いわゆる「町工場」です。
 
 それら町工場では、「製造業の空洞化」が進行し、ここ5年間で約15%も減
 少しています。
 
 そんな厳しい環境におかれた中小企業の中で、世界を制する「ナンバーワン
 企業」が、実は結構あるのです。
 
 
 一つの特徴は、ニッチな分野で独自技術をもって突き抜けた企業です。
 
 精密加工の「スパロール」などが有名な「スギノマシン」は、もともと石油
 精製プラントのパイプを洗浄する水圧チューブクリーナのメーカでした。
 
 水圧を活用する技術と、精密加工の技術を土台として、「水でモノを削る」
 ウォータージェットという独自の技術を開発したのです。
 
 水を約3000気圧という超高圧状態にし、ノズルから糸のように噴出させるこ
 とで、高硬度のチタンや大理石、逆にゴムや食品など変形しやすいものも、
 発熱を伴わず一刀両断するこの加工法は、医療分野などにも適用されていま
 す。
 
 樹脂、金属、ゴムの複合体である携帯電話が真っ二つになった背表紙の写真
 は圧巻です。
 
 
 こうしたコア技術、コア製品を持った中小企業が勝ち抜くことは、これまで
 にも紹介してきましたが、本書では、大量生産の標準品でも、徹底した生産
 性の向上でコスト競争力を維持するという、もう一つの特徴を持った企業が
 紹介されています。
 
 「スイッチ」という、あまりにありふれた部品で、100%国内生産で中国製や
 東南アジア製に対抗している「サガミ電子工業」は、試作品やニッチ部門だ
 けではなく、「多品種大量生産」で競争力を持つ希有な存在です。
 
 同社は、生産管理の方法ばかりを追求するISO9000認証は取得していません。
 
 逆に「余分な管理の必要がない」作り方を設計段階から研究し、生産設備、
 金型、治工具、検査機まで、自前で開発しているのです。
 
 こうしてシンプルな設備ながら、生産性を3倍、4倍に上げるアイデアを盛
 り込んで、「品質・コスト・納期」の3拍子そろった製品を生み出していま
 す。
 
 
 冒頭の弁にあるように、一度ピンチが訪れれば、波に飲まれてしまう恐れが
 中小企業にはありますが、その波を乗り超える機動性も、また町工場の特徴
 です。
 
 輝く企業群を眺めてみて、「整理・整頓」の徹底という、当たり前のことを
 当たり前にやり続ける地道さの上に、こだわりの技術を徹底した「ものづく
 り」が、企業の大小に関わらず、世界に伍していくための「必要条件」だと
 実感させられました。
 ----------------------------------
 ◇ カンドコロ! ◇
 
 防犯用などに用いられる凸面鏡のメーカー「コミー」は約10年前、販社や同
 社に在庫を抱えて販売していた。
 
 新製品開発やマーケットの開拓に重点を置いていた小宮山社長が、トヨタ生
 産方式の異業種展開を説いた『NPSの軌跡』という本に衝撃を受け、生産シス
 テム作りの重要性を知った。
 
 早速このシステムを採り入れ、多品種少量・短納期へのチャレンジを行った。
 
 種々の改善により、受注生産による完成品在庫ゼロをほぼ実現したが、問題
 が残った。
 
 製品ラインアップ増加とともに、梱包用の段ボールが溢れ、手間や欠品が激
 増してしまった。
 
 そのころ、小宮山社長は再び衝撃を受けた本に出会う。『デルの革命』だ。
 
 外注先と情報を共有した連鎖的な生産システムであるSCMをそこから学び、協
 力してくれる段ボールメーカを見つけた。
 
 こうして段ボールの在庫、欠品ゼロを実現したのだ。
 
 書籍に込められた問題を解決するヒントを、実際に活かすかどうかだ。

───────────────────────────────────
 ◆ 熱い行動 ◆
 規模、人数、資本の大小ではない。
 問題を見つけ、問題を解決する「信念」の有無が勝負を決する。
 
 読みっぱなし、聞きっぱなしにせず、実際にやってみよ!
-----------------------------------
 ◆ 燃えるゲージ ◆ | 炎 | 炎 |   | (炎3つが満点)
-----------------------------------
 ◎ 目 次 ◎
 第1章 中小企業、世界標準
 第2章 光る熟練工の職人技
 第3章 中国に負けない最強の工場
 第4章 コア技術を磨き、高付加価値を極める
 第5章 未来へ踏み出す!異能のベンチャー

|

« ムダとり | Main | E=mc2 »

Comments

Pretty good post. I just stumbled upon your blog and wanted to say that I have really enjoyed reading your blog posts. Any way I'll be subscribing to your feed and I hope you post again soon.

Posted by: payday loans | August 31, 2010 at 02:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48474/4927818

Listed below are links to weblogs that reference 中小企業ですがモノづくりでは世界でトップです:

« ムダとり | Main | E=mc2 »