« 環業革命 | Main | 図面って、どない描くねん! »

September 07, 2005

ビルはなぜ建っているか なぜ壊れるか

biruhanazetatteiru
 【今週の一冊】
 ●『ビルはなぜ建っているか なぜ壊れるか』
 現代人のための建築構造入門

  著:望月 重(文藝春秋)
   2003.8 / ¥735

-----------------------------------
 ◆ 燃える一言 ◆
 『建物を見るとき、美しい形態かどうか、と同時に、
       安全な構造かどうかを、見分けることが大切です。
            これこそ建物の本当に知的な見方だと思います。』
-----------------------------------
 9月1日は、関東大震災が発生した「防災の日」。
 9月11日は、4年前、ニューヨークでワールドトレードセンターへの航空
 機テロが発生した日。
 そして今、大型台風14号が上陸し、全国で家屋の倒壊や浸水被害が続発し
 ています。
 
 こうしてみると、自然、あるいは人為的な災害に対する「安全な建物」につ
 いて、深く考えさせられます。
 
 建物の安全性を決める、最も重要な要素が、建物の骨格=「構造」です。
 
 日常生活では、概観のユニークさや使い勝手に目が奪われますが、自然の猛
 威を実感しているこんなときこそ、「構造」について学んでみましょう。
 
 
 建物は、「重さとの戦い」といえます。
 
 まず建物の自重(固定荷重)であり、建物に載っている人間や家具の重さ(
 積載荷重)があり、雪の降る地域では屋根の雪の重さ(積雪荷重)がありま
 す。
 
 また、先に述べた風荷重、地震荷重もありますし、地下では土の圧力(土圧)
 や地下水による水圧もかかります。
 
 しかも、荷重の方向(鉛直か水平か)、荷重の時間(固定荷重のように長期
 か、地震のように短期か)、変化の有無(動荷重と静荷重)などが複雑に絡
 み合っています。
 
 建築関係法令で規定されているのは設計の最小値に過ぎず、それぞれの建物
 に応じてこれら荷重を見積もるところから、構造設計は始まります。
 
 
 昔はよく「山の手では土蔵がつぶれる」といわれましたが、これは地盤と、
 堅い土蔵の固有周期が近いために「共振」したことが原因であり、地震被害
 を大きくします。
 
 超高層建築は大丈夫なのか?と心配になりますが、たとえば30階程度で高
 さ100mの鉄骨造の建物ならば、固有周期は3秒程度で、山の手の地盤の
 固有周期0.4秒とは大きく離れており、まず大丈夫。 
 
 
 そして、構造設計を実現するために不可欠なのが材料技術であり、構造と材
 料は一体となって日進月歩しています。
 
 中でも高層建築の実現は、鋼材の材質向上に負うところが大きいことは間違
 いありません。
 
 しかし、阪神大震災では厚さ10cmものH形やロ字型の鋼の柱が破断してしま
 ったり、日本製の鋼材が使われたワールドトレードセンターの柱が火災によ
 り軟化し、ビルが崩壊するという惨事も起きました。
 
 「安全」の基準をどこにとるかは甚だ難しい問題であり、事故が起きてから
 後追いで規定ができているのが、建築の歴史でもあるのです。
 
 
 「建築家」と呼ばれる人に対して「構造技術者」は「縁の下の力持ち」的な
 ところがあり、事故が起きたとき以外は注目されません。
 
 しかし、筆者は「真の設計者は構造設計者」と胸を張るように、人命と財産
 を支える「骨格」の設計と、建築家が連携してこそ、美と実を備えた建築が
 可能となります。
 
 材料力学の基礎から、特徴的な構造の実例紹介まで、幅広く学べる「骨太」
 な一冊です。
 ----------------------------------
 ◇ カンドコロ! ◇
 
 地震計が普及する20世紀半ばまで、地震の震度を知る指標として用いられて
 いたものがある。
 
 それが何と「お墓」なのだ。
 
 墓石の高さをH、転倒したほうの辺の長さをB、墓石の重さをWとし、地震
 の力をPとする。
 
 地震が強いほど重い墓石が倒れるので、P=kWとなり、kは震度を表す。
 (気象庁の震度とは異なる)
 
 地震で墓石が倒れるとき、地震の力のモーメントが墓石の重さによるモーメ
 ントより大きいと考えると、PH>WB。
 
 P=kWを代入すればkWH>WB ∴k>B/H
 
 つまり、地震後の墓石のうち、転倒している墓石の転倒したほうの辺の長さ
 を、墓の高さで割った値の最大値が、地震の震度を表している。
 
 墓地なら日本全国にあるから、これでおおよその震度が簡単に求められる。

───────────────────────────────────
 ◆ 熱い行動 ◆
 「材料力学」「工業材料」を、できるだけ具体的な事例で学ぼう。
 
 家を建てる前に、構造の基礎を学んでから、「構造設計者」と話をしよう。
-----------------------------------
 ◆ 燃えるゲージ ◆ | 炎 | 炎 | 火 | (炎3つが満点)
-----------------------------------
 第1章 建物を「骨」まで知ろう
 第2章 建物、それは重さとの戦い
 第3章 構造材料さまざま、よしあし
 第4章 なんでだろう?部材の力学
 第5章 基礎―土の中は分からない?
 第6章 見てみよう、正しく美しい建物
 第7章 めざすは地震災害の克服

|

« 環業革命 | Main | 図面って、どない描くねん! »

Comments

Posted by: n5s | June 24, 2010 at 11:51 AM

Posted by: xfpuc8m72 | June 24, 2010 at 11:51 AM

United States Restaurant Guide - a guide to every restaurant, http://restaurants-us.com/la/Baton%20Rouge/Cold%20Stone%20Creamery/70808/

Posted by: lofswonfolf | October 03, 2010 at 07:54 PM

the Federal-State Unemployment Insurance Program provides unemployment benefits to eligible workers . http://insuranceinstates.com/arizona/Phoenix/Eastwood%20Insurance%20Agency/85003/

Posted by: LetAmigeLen | October 18, 2010 at 05:59 PM

Although Dear Abby urged her readers to respect the pizza as a pie and reach for a fork, the etiquette authority Amy Vanderbilt condoned eating slices out of hand, adding that pizza tastes best as a finger food. The modern pizza industry was born in the Midwest, not coincidentally a place of sparse Italian settlement.

Posted by: Pizza | March 20, 2011 at 08:38 AM

Thank you for the work you have done into the post, it helps clear away a few questions I had.

Posted by: Alicante Airport | April 20, 2011 at 12:16 AM

Fine way of describing, and nice paragraph to obtain information on the topic of my presentation topic, which i am going to present in academy.

Posted by: mitto 2 | September 17, 2013 at 11:20 PM

Hi there friends, good piece of writing and fastidious arguments commented at this place, I am really enjoying by these.

Posted by: wooden swing sets | November 24, 2013 at 04:51 PM

Amazing! Its truly remarkable article, I have got much clear idea concerning from this post.

Posted by: Weldon | August 27, 2014 at 06:13 PM

It's awesome to pay a quick isit this web site and reading the views of all colleagues about this paragraph, while I aam also eager of getting know-how.

Posted by: apple remodeling home improvements inc | September 02, 2014 at 12:54 AM

Hmm it appears like your site ate my first comment (it was extremely long) so I guess I'll just sum it up what I submitted and say, I'm thoroughly enjoying your blog. I too am an aspiring blog writer but I'm still new to everything. Do you have any helpful hints for novice blog writers? I'd really appreciate it.

Posted by: best dating sites | January 17, 2015 at 01:02 PM

Nice blog here! Additionally your website quite a bit up very fast! What web host are you using? Can I get your associate hyperlink on your host? I wish my site loaded up as fast as yours lol

Posted by: las chavas mas bonitas del mundo | January 28, 2015 at 01:31 PM

Nice post. I was checking continuously this blog and I'm impressed! Very helpful info particularly the last part :) I care for such info much. I was seeking this particular info for a long time. Thank you and good luck.

Posted by: shirt tee shirt | August 30, 2015 at 11:25 PM

Thankfulness to my father who told me regarding this webpage, this blog is really amazing.

Posted by: garcinia cambogia green coffee bean | May 11, 2016 at 07:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48474/5824853

Listed below are links to weblogs that reference ビルはなぜ建っているか なぜ壊れるか:

« 環業革命 | Main | 図面って、どない描くねん! »