« モーターボーイズ! | Main | 鉄と鉄鋼がわかる本 »

October 12, 2005

町工場こそ日本の宝

machikoujyou_takara
 【今週の一冊】
 ●『町工場こそ日本の宝』

  著:岡野 雅行、橋本 久義(PHP研究所)
   2005.7 / ¥1,470

-----------------------------------
 ◆ 燃える一言 ◆

 『金型はまさに「まごころ」だ。
   いいものをつくりたい、お客さんに喜んでもらいたい、という一心で、
     金型づくりの現場では、切る、削る、穴を開ける、磨く、という
               作業をひたすら繰り返しているのである。』

-----------------------------------
 やまさんの勤める工場では、大量生産の部品加工の主力は、材料取りにムダ
 の少ない「冷間鍛造」と呼ばれるプレス加工です。
 
 数千トンもの圧力で、金属の塊があっという間に、粘土細工のように変形す
 る様子は圧巻ですが、その金属を形作るための金属=「金型」には、強度、
 精度、表面状態など求められる機能は多岐にわたります。
 
 本書の対談に登場する「岡野工業」の岡野社長は、隅の破れやすい角型のリ
 チウムイオン電池の深絞り加工や、蚊の針と同じくらい細い「痛くない注射
 針」を、プレス加工で製品化してしまうという、日本一の金型職人とも言え
 る方です。
 
 
 「痛くない注射針」は、全長20ミリに対して、針穴の直径が80ミクロン、針
 の外径が200ミクロンと、ほとんど「蚊」の針と同じ太さで、しかもテーパー
 状なのです。
 
 そしてこの針を、円柱状に「引き抜く」のでも「絞る」のでもなく、平板を
 「丸めて」、合わせ面を溶接せずに材料のスプリング力で締めて、なおかつ
 液が漏れないように作るのですから、その精度たるや想像を絶します。
 
 更に驚くのは、これが技術力を示すためのF1マシンのような「サンプル」
 ではなく、大衆車のごとく、すでに量産化されている点です。
 
 岡野社長の手がける製品は、科学的には「できない」という常識を、ことご
 とく超えて実現しているのです。
 
 
 なぜ、この限界を超えた精度が実現できるのでしょうか?
 
 曰く、「結局、数字じゃない。“気持ち”だ。」
 
 「この材料のツラをひとなめしといてくれ」「気持ち取ってくれ」という言
 葉で表される“気持ち”。
 
 竹のヘラに油をつけて金型の表面をひとこすりしただけで、金型の寸法は変
 わらないと普通、思います。
 
 「ところが変わるんだよなあ、“気持ち”だけ(笑)」とのこと。
 
 町工場で鍛え上げ、一人前になるまで10年といわれる、この研ぎ澄まされた
 感覚が、最先端の技術を生み出します。
 
 
 そしてもう一つ、岡野さんは「仕事」が楽しいのです。
 
 遊びに行くよりも、朝から晩まで金型のことを考えるのが楽しく、本で勉強
 するのは嫌いだけれど、いい仕事のためにはカタログや洋書も読んで学びま
 す。
 
 「あそこにもここにも断られてどうしようもなくて来ました。岡野さん!な
 んとかしてください!」と頼られることを喜びとし、「なんとかしてやろう
 じゃないか」と立ち上がるのです。
 
 
 若い人が腕に覚えのある職人として成功するためには、「一つのことを決め
 たら、ずっとそれをやること」が大事だと、岡野社長は説きます。
 
 セミも地面にもぐっている間が長く、成虫になって外に出るのには時間がか
 かるように、人生悪いときが長くても大丈夫だから、決して途中であきらめ
 るな―。
 
 日本一熱い町工場から、明日のものづくりを担う世代への、熱いメッセージ
 です。
 ----------------------------------
 ◇ カンドコロ! ◇
 
 岡野社長が常識を超えたプレス加工を実現する「秘薬」がある。
 
 「潤滑油」だ。
 
 同じ金型でも、絞りをかける前に材料の金属に塗る潤滑油を変えれば、金属
 が切れずにうまく延びる。
 
 世界で誰もやったことのない、難しい深絞りができるかどうかを左右するの
 は、油の差も大きい。
 
 例えば、電池ケースの深絞りをするときには、材料に施したニッケルめっき
 を、潤滑剤として使うのだ。

───────────────────────────────────
 ◆ 熱い行動 ◆
 自分の仕事を愛し、熱中しよう。
 
 「あいつならなんとかしてくれる」と頼られるまで、経験と実績を積もう。
-----------------------------------
 ◆ 燃えるゲージ ◆ | 炎 | 火 |   | (炎3つが満点)
-----------------------------------
 第1章 日本の製造業を語る
 第2章 機械を越える「ローテクの技」
 第3章 日本のものづくりのために

|

« モーターボーイズ! | Main | 鉄と鉄鋼がわかる本 »

Comments

I am Glad i found this web site.Added endinear.way-nifty.com to my bookmark! Check out my Kissing Guide !

Posted by: Kissing Guide | February 17, 2011 at 05:16 PM

Hey There. I found your blog using msn. This is an extremely well written article. I will make sure to bookmark it and come back to read more of your useful information. Thanks for the post. I'll definitely comeback.

Posted by: best dating sites | January 17, 2015 at 09:33 PM

I think this is among the most significant information for me. And i'm glad reading your article. But wanna remark on some general things, The web site style is wonderful, the articles is really nice : D. Good job, cheers

Posted by: best dating sites | January 24, 2015 at 10:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48474/6361088

Listed below are links to weblogs that reference 町工場こそ日本の宝:

» 不可能を可能にする技 [お気楽極楽スクリプト]
東京は東向島の岡野工業がすごい。クライアントはNASA。従業員6人で売上が年間6億円を超える町工場。そして、2005年、グッドデザイン大賞(日本産業デザイン振興会主催)を受賞。 [Read More]

Tracked on October 26, 2005 at 04:12 PM

« モーターボーイズ! | Main | 鉄と鉄鋼がわかる本 »