« 職人力 | Main | ファイナルプロジェクト »

December 07, 2005

日米・技術覇権の攻防

nithibei_gijyutuhaken
 【今週の一冊】
 ●『日米・技術覇権の攻防』
  IT時代の主役はだれか

  著:森谷 正規(PHP新書)
   2000.02 / ¥693

-----------------------------------
 ◆ 燃える一言 ◆

 『21世紀の技術進展を広く展望することによって、産業列国の中で
   日本が米国と競って強い技術力を発揮していく新たな方向が見える。
   
  それは、大量消費を超えて、環境、エネルギー、都市、情報、人間、自然
   などの多分野において、全方位に日本の技術開発を展開していくことだ』

-----------------------------------
 日本のものづくりの力、技術力・開発力は、今、強いのでしょうか。
 
 これに答えるのは容易ではありませんが、本書では、過去を振り返った時間
 軸上、また他国、特にアメリカとの比較による空間軸上の位置付けを探るこ
 とを試みています。
 
 
 日本とアメリカのものづくりには、「大量生産」を指向する共通点がありま
 すが、一方で、「革新」を目指すアメリカと、「応用」に強い日本と、性格
 をはっきり異にする面があります。
 
 筆者はこれを、「開拓者の米国」と「一所懸命の日本」の差であると説明し
 ます。
 
 
 アメリカでは、建国した庶民が、自らの生活や仕事のために必要に迫られ、
 欧州にはなかった、大量生産システムという革新的な手法を創り上げました。
 
 その象徴が、20世紀前半のT型フォードのライン生産システムです。
 
 第2次大戦の後、トランジスタやナイロン、ジェット旅客機といった革新技
 術というフロンティアを開拓した後は、宇宙開発・軍事技術にアメリカは突
 き進みます。
 
 アポロ計画には最盛期、20万人ものパワーを動員しましたが、その結果在来
 技術には人も金も投入されず、そして60年代以降、革新的な技術は生まれな
 くなったのです。
 
 
 その後の技術進展は、LSIや超LSI、またCCDや液晶といった、応用開発が中心
 となり、粘り強く、コツコツと性能を上げてコストを下げる開発努力のため
 に、一所に懸命となる日本企業の躍進が始まります。
 
 狭い国土で同じ業界にひしめき合って切磋琢磨する日本企業のあまりのスピ
 ードと努力に、開拓のチャンスが得られなくなると、逆に保守的となる米国
 人は驚き、呆れました。
 
 
 ところが80年代になると、大量生産が成熟してしまい、今度は日本企業が技
 術力を揮える場がなくなってしまいます。
 
 そこで今度は、情報技術という未開の大陸を発見した米国人は、持ち前の開
 拓者精神を発揮し、ベンチャー企業による躍進で、再び日本を追い抜いたの
 です。
 
 
 最近になって、また再び日本が攻勢を取り戻しつつありますが、こうして見
 ると、今後日本の行く末として、取るべき道をここでは3つ挙げられていま
 す。
 
 まず第一は、「20世紀の後始末」。
 
 つまり、環境破壊に代表される、大量消費社会のツケをきちんと払って、教
 育や医療を含めた、社会問題の解決の道です。
 
 第二は、高度情報化であり、20世紀末に起こったうねりが、さらに加速して
 いくことは間違いありません。
 
 そして三番目が、がんの治療や砂漠の緑化といった、人間や生物を含めた、
 自然に関する技術の進展です。
 
 
 これらの新たな方向で、「一所懸命」に技術を高度化することが、これから
 の日本の「ものづくり」の強みとなるのです。
 
 長い不況を脱し、現場に力強さが戻った今こそ、かつてのバブルのように己
 を見失わないために、行く末を見定めた地に足のついた「ものづくり」の実
 践が、肝要なのです。!
 ----------------------------------
 ◇ カンドコロ! ◇
 
 70~80年代に開花した日本の技術の典型が、CCDだ。
 
 画素が数百、数千の段階から始めて、万になって画像らしきものが撮れるよ
 うになり、10万を超えてビデオカメラに使えるレベルに到達した。
 
 一方で、歩留まりを上げるのに懸命の努力をしてコストを下げて、大衆製品
 であるビデオカメラに採用できるようになったのだ。

───────────────────────────────────
 ◆ 熱い行動 ◆
 「フロンティア」達に煽られて、「一所懸命」を忘れていないか。
 
 昨日、今日に囚われて、わが身を見失っていないか。
 遥かな時空の中の自己を知り、明日を創造せよ。

-----------------------------------
 ◆ 燃えるゲージ ◆ | 炎 | 炎 |   | (炎3つが満点)
-----------------------------------
 第1章 高度成長で米国に追いつく―50~60年代
 第2章 米国に追いついて技術強国になる―70~80年代
 第3章 情報技術で米国に再び抜かれた―90年代
 第4章 二十一世紀の技術進展
 第5章 産業列国事情を読む
 第6章 日本の技術力を発揮する新分野
 第7章 技術力を発揮する方向と戦略

|

« 職人力 | Main | ファイナルプロジェクト »

Comments

I don't know if it's just me or if everyone else experiencing issues with your site. It looks like some of the text in your posts are running off the screen. Can somebody else please comment and let me know if this is happening to them too? This might be a issue with my browser because I've had this happen before. Appreciate it

Posted by: self publish | December 14, 2014 at 01:00 PM

It's amazing in support of me to have a web page, which is useful for my knowledge. thanks admin

Posted by: book publishing | December 15, 2014 at 04:15 PM

My brother recommended I would possibly like this blog. He was totally right. This post actually made my day. You can not believe simply how so much time I had spent for this info! Thank you!

Posted by: short run printing | December 16, 2014 at 06:40 AM

Because the admin of this web page is working, no doubt very rapidly it will be well-known, due to its quality contents.

Posted by: affordable publishing | December 16, 2014 at 05:44 PM

You could definitely see your expertise in the article you write. The arena hopes for even more passionate writers like you who aren't afraid to say how they believe. Always go after your heart.

Posted by: designing a book | January 06, 2015 at 11:50 PM

I'm curious to find out what blog platform you have been using? I'm experiencing some small security problems with my latest site and I'd like to find something more risk-free. Do you have any recommendations?

Posted by: best dating sites | January 17, 2015 at 08:57 PM

This design is spectacular! You definitely know how to keep a reader amused. Between your wit and your videos, I was almost moved to start my own blog (well, almost...HaHa!) Wonderful job. I really loved what you had to say, and more than that, how you presented it. Too cool!

Posted by: ver fotos de chicas guapas | January 30, 2015 at 11:26 PM

Can you tell us more about this? I'd like to find out some additional information.

Posted by: self-publish | February 01, 2015 at 08:31 AM

These are actually fantastic ideas in on the topic of blogging. You have touched some pleasant things here. Any way keep up wrinting.

Posted by: %anchor_text% | February 20, 2015 at 11:15 AM

I could not resist commenting. Very well written!

Posted by: self publishing uk | February 23, 2015 at 11:59 AM

That is really fascinating, You're a very skilled blogger. I have joined your feed and stay up for seeking extra of your great post. Also, I have shared your site in my social networks

Posted by: typesetting companies | February 25, 2015 at 05:37 AM

Great site you've got here.. It's difficult to find high-quality writing like yours these days. I seriously appreciate people like you! Take care!!

Posted by: kindle | March 10, 2015 at 09:18 AM

When someone writes an piece of writing he/she maintains the thought of a user in his/her brain that how a user can be aware of it. Therefore that's why this piece of writing is outstdanding. Thanks!

Posted by: minecraft free | March 26, 2015 at 06:12 PM

Hi would you mind sharing which blog platform you're working with? I'm looking to start my own blog in the near future but I'm having a difficult time choosing between BlogEngine/Wordpress/B2evolution and Drupal. The reason I ask is because your design and style seems different then most blogs and I'm looking for something unique. P.S Apologies for being off-topic but I had to ask!

Posted by: match.com | April 08, 2015 at 07:11 PM

I used to be recommended this blog via my cousin. I'm now not certain whether or not this put up is written via him as no one else understand such targeted about my difficulty. You're amazing! Thank you!

Posted by: Fickfrauen | June 30, 2015 at 07:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48474/7508907

Listed below are links to weblogs that reference 日米・技術覇権の攻防:

« 職人力 | Main | ファイナルプロジェクト »