« 日本のもの造り哲学 | Main | グローバルエンジニア »

January 05, 2006

物の見方 考え方

mononomikata_kanngaekata
 【今週の一冊】
 ●『物の見方 考え方』

  著:松下幸之助(実業之日本社)
   2001.03 / ¥1,575

-----------------------------------
 ◆ 燃える一言 ◆

 『われわれの前には、無限の仕事が課せられているのである。
 
    人間として宿命的に、そういう使命を果たすべき立場に、
         われわれはおかれているという自覚を持ちたいと思う。』

-----------------------------------
 光のどけき新春に、心新たに一年の計を律する方も多いことでしょう。
 
 温故知新、ここは一つ、幸之助翁に「ものづくり」の初心を尋ねてみましょ
 う。
 
 
 われわれが「ものづくり」をするのは、何のためでしょう?
 
 自分が食べていくため?給料をたくさん得るため?
 
 もちろん待遇も必要ですが、もっと大きな「ものづくり」の使命があると、
 彼は言います。
 
 それは「いろいろの物をつくって社会の多くの人たちの経済生活を、日一日
 と向上させていく」ことです。
 
 
 それを実現する理念を、水道水に例えます。
 
 幸之助氏の若かりし頃、大阪天王寺の場末の町の共同水道で、荷車を引いて
 きた人が喉の渇きを癒しているのを見ます。
 
 水道は飲めるように加工するのに料金を払っているのだから、ただではない
 が、無断で飲んでいても誰もとがめない。
 
 それは、いかに大切なものであっても、ひとしく大量にある水は、ただに等
 しいからであると気がつきます。
 
 
 人間にとって、冷蔵庫や、衣料、その他あらゆるものは、水のように必要な
 ものに違いない。
 
 それらが水道の水のように、何でも欲しいだけ、ただのごとくあれば、この
 世に「貧」も、「貧」から生まれる犯罪もなくなるのでないか。
 
 そうすると、私(松下幸之助)の使命は、水道の水のように、電気器具をつ
 くることであり、そこに自分の「ものづくり」の使命があると知るのです。
 
 
 これは当然、簡単なことではありませんが、究極の目的です。
 
 日本だけではなく、全世界の共通の力で物資をだんだん安くしていき、満ち
 足りた世の中にしていく。
 
 現に水道水が、そうなっているように。
 
 これが、幸之助氏の「水道哲学」です。
 
 
 そう考えれば、勇気が出てくるではないですか。
 
 金儲けとか、個人の成功とかは、(もちろんそれも感情的にはうれしいこと
 だけど)尊い使命を果たすことと比べれば、問題にならない。
 
 心魂を打ち込んでやるという正義感と希望が生まれてくるのです。
 
 
 そのため我らエンジニアができることは――。
 
 冒頭の言のように、「無限の仕事」が広がっています。
 
 さあ、志を高く、今年も熱き「ものづくり」に燃え上がりましょう!
 
 ----------------------------------
 ◇ カンドコロ! ◇
 
 本当に役に立つ人は、「仕事に熱心な人」、「熱のある人」。
 
 幸之助氏がいろいろな人を見てきた中での実感だ。
 
 例えば、二階に昇りたい、何とかして昇りたい、という熱のある人はハシゴ
 を考える。
 
 昇りたいなあ、くらいの人ならハシゴまで考えない。
 
 その人の才能が優れているからハシゴを考えるということもあるが、やはり
 熱意である。
 
 人間の才能や知識も、熱意があって初めて生きてくる。
 
 だからといって、家庭の妻や子を忘れろというのではない。
 
 そういう仕事に熱意のある人は、家庭生活の設計にも熱が入る人だ。
 
 そして、多くの人から喜ばれている。

───────────────────────────────────
 ◆ 熱い行動 ◆
 あなたは何のために働いているか。
 何のために「ものづくり」をするのか。
 あなたの「使命」は何だろうか。
 
 この問いかけに、答えなければならない。

-----------------------------------
 ◆ 燃えるゲージ ◆ | 炎 | 炎 | 火 | (炎3つが満点)
-----------------------------------
 会社経営のカンどころ/責任の持ち方/金だけが目的で仕事はできぬ/
 事業に失敗したらどうする!?/長期勤続のちから/伸びる会社・伸びる社員
 /難局を切り抜ける条件/事志に反す/私の軍師・加藤大観/
 私のアメリカ土産/ものの見方考え方/商売の道/役に立つ人間/
 「のれん」の精神/オランダに学ぶ/心の持ち方/私の学校教育論/
 お金のかからぬアメリカ/経営についての考え方/
 日本の経営者、アメリカの経営者/功ある人には禄を与える/
 人多くして人なし/「運」について考える

|

« 日本のもの造り哲学 | Main | グローバルエンジニア »

Comments

Thanks for taking the time to discuss this, I feel strongly about it and love learning more on this topic. If possible, as you gain expertise, would you mind updating your blog with more information? It is extremely helpful for me.

Posted by: payday loans | August 30, 2010 at 11:19 PM

Hi buddy, very informative post. Please keep them coming.

Posted by: payday loans | August 31, 2010 at 01:28 AM

I am really Glad i found this web site.Added endinear.way-nifty.com to my bookmark! Check out my Kissing Guide !

Posted by: Kissing Guide | February 17, 2011 at 05:15 PM

I'm really Glad i found this website.Added endinear.way-nifty.com to my bookmark! Check out my Kissing Guide !

Posted by: Kissing Guide | February 17, 2011 at 05:16 PM

Genuinely no matter if someone doesn't be aware of after that its up to other visitors that they will help, so here it takes place.

Posted by: best dating sites | January 12, 2015 at 01:15 PM

I was pretty pleased to discover this site. I wanted to thank you for your time for this wonderful read!! I definitely savored every little bit of it and i also have you bookmarked to see new things in your web site.

Posted by: best dating sites | January 14, 2015 at 05:04 AM

I'm not sure where you're getting your information, but great topic. I needs to spend some time learning more or understanding more. Thanks for magnificent info I was looking for this information for my mission.

Posted by: best dating sites | January 18, 2015 at 10:42 AM

As the admin of this web site is working, no doubt very rapidly it will be renowned, due to its quality contents.

Posted by: motorbikes | February 19, 2015 at 01:16 AM

It is not my first time to pay a quick visit this web page, i am visiting this website dailly and get fastidious information from here everyday.

Posted by: free music downloads | February 21, 2015 at 01:35 AM

I got this web page from my friend who informed me regarding this web site and at the moment this time I am browsing this website and reading very informative articles or reviews here.

Posted by: what website can i download free music | February 27, 2015 at 07:51 PM

We're a group of volunteers and starting a new scheme in our community. Your site provided us with valuable information to work on. You've done an impressive job and our entire community will be thankful to you.

Posted by: motorbike hire | February 28, 2015 at 06:28 PM

I am in fact grateful to the holder of this web page who has shared this fantastic post at here.

Posted by: quest bar sale free shipping | March 19, 2015 at 07:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48474/8010329

Listed below are links to weblogs that reference 物の見方 考え方:

« 日本のもの造り哲学 | Main | グローバルエンジニア »