« December 2005 | Main | February 2006 »

January 25, 2006

これだけは知っておきたい「職務発明制度」

syokumuhatumei
 【今週の一冊】
 ●『これだけは知っておきたい「職務発明制度」』
  技術者のための特許法の常識

  著:帖佐 隆(日刊工業新聞社)
   2002.09 / 1,575

-----------------------------------
 ◆ 燃える一言 ◆

『特許の創出、そして知的財産の創出は、個人レベルから国家レベルまで
 
        非常に大きな意味を持つものである。
 
                ぜひ特許創出活動に燃えるべきである。』

-----------------------------------
 エンジニアにとって、「特許」は、良きにつけ悪しきにつけ、切っても切り
 離せないものです。
 
 年も改まり、「今期中に○件出願!」というプレッシャーを、日々感じてい
 る方もいることでしょう。
 
 さて、そもそも「特許」とは何のためにあるのでしょう?
 
 
 著者曰く、「特許」は「お金が儲かるかもしれない」というニンジンです。
 
 このニンジンをぶら下げて発明を促すことで、技術を進歩させ、産業を発達
 させようというのが「特許法」という制度です。
 
 ということは、我々が発明をして特許出願するということは、ある種国策、
 世の中に貢献することであり、それで自分も「儲かるかもしれない」という、
 なかなか「いい話」なのです。
 
 
 この文脈からすると、当然特許は「発明者」のものでしかありえません。
 
 たとえば第三者が、発明にかかる費用を負担したから「特許権」を得られる
 とすると、発明者の「儲かるかもしれない」という発明の意欲を削がれるこ
 とになり、特許制度の理念に反するからです。
 
 つまり、発明者は「特許権は、本来的に自分のもの」という権利意識を持つ
 べきなのです。
 
 
 しかし、企業に勤める技術者の場合、登録された特許の「発明者」ではあっ
 ても「権利人」ではないことがほとんどでしょう。
 
 これは「職務発明制度」と言われ、従業者である発明者が、使用者である企
 業に、その発明の特許権等を使用者に「譲渡」したためです。
 
 そしてこの場合、発明者には「相当の対価」を受ける「権利」があることが、
 はっきり規定されています。
 
 ですから、この「対価」は、特許による独占性のお陰で、通常の利益以上に
 儲かった分について、貢献度に応じて決められるのが「スジ」なのです。
 
 
 ところが、主には雇用主側の意見として、「対価は雇用者側が総合的に決め
 るべきだ」「技術者には賃金を払っているのに対価を払うのは二重取りだ」
 などの声が聞こえます。
 
 前者の意見は、特許を使用者側のみのものと考え、「対価」を処遇とする誤
 解から生まれたもので、発明者が譲渡した際に得ている「権利」であること
 を忘れています。
 
 また後者は、利益の全てを発明者が持っていけ!と言っているのではなく、
 発明の特許権がたたき出す、独占による利益のうち、発明者の貢献分が「対
 価」であることの理解不足から生じた間違いといえます。
 
 
 これら「職務発明」に関して、中村修二氏の「青色発光ダイオード特許」裁
 判で、大いに注目を集めましたが、果たしてどれだけ特許法の趣旨に沿った
 議論が展開されていたか、はなはだ疑問です。
 
 (ちょうどホリエモンの容疑が何かを理解せぬまま、いたずらに騒ぎ立てて
  いる現状に似ています。)
 
 技術者にとっつきにくいのが法律ですが、こと「特許」に関しては、我々こ
 そが主役であることを自覚しなければなりません。
 
 本書は、特許法が昨年、改正施行される以前に記されたものですから、併せ
 て最新の知識を身につけましょう。
 ----------------------------------
 ◇ カンドコロ! ◇
 
 研究開発活動に疲れたら、話題の特許や面白い特許に触れてみるとよい。 
 
 おすすめは、「ドクター中松」。
 
 「特許電子図書館」で、発明者「中松義郎」として検索すると、彼の特許が
 何件も出てくる。
 
 これらは、とても楽しく読むことのできる特許だ。
 
 (参考になるかはわからないが…。)
 
 
 例えば、特開平06-189801「翔ッ靴」。
 
 ご存知、ピョンピョン靴こと、フライングシューズだ。
 
 また、「腕電話」なるものがある(特登録3227362)。
 
 あまりに名前のままで、図面も「そのまま」。笑ってしまった。
 
 普通の人には、いま一つ理解しにくいものもある。
 
 「生活リズム変更装置」というものは、堂々と特許として成立している(特
 登録2881690)が、本当にこの発明で効果があるのかは考えてしまう。
 
 
 氏の特許を見ていて考えるのは、発明を楽しく成すことや、特許を楽しく書
 くことの重要性だ。
 
 その発明を行うことで、世の中が便利になる。世の中が変わるかもしれない。
 
 そのような希望をもって発明活動に臨みたいものである。

───────────────────────────────────
 ◆ 熱い行動 ◆
 「特許」は発明者のものであり、「対価」を得るのは権利だ。
 誇りを持って、堂々と、そして紳士的に権利は主張しよう
 
 特許はエンジニアの技術の蓄積であり、軌跡であり、指標だ。
 技術者の評価として、特許の役割は高くなることを自覚せよ。
-----------------------------------
 ◆ 燃えるゲージ ◆ | 炎 | 炎 | 火 | (炎3つが満点)
-----------------------------------
 第1章 特許制度とは何だろう
 第2章 特許の世界を取り巻く環境とトピック
 第3章 知っておきたい職務発明制度のこと―職務発明で堂々と稼ごう
 第4章 職務発明制度ケーススタディー
    ―発明で堂々と稼ぐために(従業者が発明をした時の行動のヒント)
 第5章 自分で出願してみよう
 第6章 職務発明制度の立法論―改正論議へ向けて

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 18, 2006

勝つ工場

katukoujyou
 【今週の一冊】
 ●『勝つ工場』
  モノづくりの新日本モデル

  著:後藤 康浩(日本経済新聞社)
   2005.06 / ¥1,470

-----------------------------------
 ◆ 燃える一言 ◆

『日本の製造業はこれからも工場や生産現場の細部に意識的に
                       こだわっていくべきだ。

  もちろん重要なのは、細部の表層ではなく、その下に隠れた発想、精神、
    こだわり、現場のモチベーションなどであることは言うまでもない。

                  細部に宿る本質が大切なのである。』

-----------------------------------
 筆者の前著「強い工場」では、「中国危機」が、日本のものづくりの自己変
 革を進める原動力となった点を詳しく描き出しました。
 
 (昨年メルマガでも紹介しました⇒ http://tinyurl.com/9rfuq )
 
 そして実際に中国危機を力に変え、更に力強く「勝つ工場」へと進化した日
 の丸企業の様々な「勝ち方」を、本書では紹介しています。
 
 
 キャノンをはじめ、中国から国内生産に回帰する動きが鮮明になってきまし
 た。
 
 かつては無尽蔵とも思われる人材供給で、圧倒的な低人件費を誇っていた中
 国ですが、「一人っ子政策」や「農村保護政策」により、早くも神話は崩れ
 去りました。
 
 高騰する人件費、「政冷経熱」といわれる不安定要因、また輸送コストやタ
 イムラグを勘案すると、もはや中国生産は、低コスト化の切り札にはなりま
 せん。
 
 
 一方、国内生産で得られるメリットの一つが「コンカレントエンジニアリン
 グ」です。
 
 製品寿命が短縮化し、「発売から9週間が勝負」と言われるデジタル家電に
 おいては、世界同時の垂直立ち上げにより、発売直後の売り時に、大量に製
 品を供給することが肝心です。
 
 そのためには、「作りやすさ」を盛り込んだ最適設計が必要であり、松下電
 器では、現場と隣接した開発部門が、工場の意見を取り込んだ設計により、
 見事DVDレコーダーで高いシェアを獲得しました。
 
 
 また、自社・グループ内でキーデバイスの生産を完結する「囲い込み」がで
 きる点も見逃せません。
 
 シャープの亀山工場は、「ライン全工程を歩けるのは社長だけ」と言われる
 ほど、徹底した守秘にこだわります。
 
 かつて、装置メーカーが韓国・台湾に技術を売ったために起きた、液晶モニ
 ターの技術流出に歯止めをかけるためです。
 
 液晶生産のための技術はあえて特許にせず非公開にしますが、後に公開され
 た他社特許に訴えられないために、それら技術を「公証文書」として封印し、
 いざというときには先に発明していたことを証明する手段をとっています。
 
 
 こうした「作り方」の改善のみならず、製品そのもののイノベーションが、
 今の日本のものづくりの「勝つ」力となっています。
 
 特にハイブリッドカーに代表される、「異種技術の統合・複合化」に強みを
 発揮しており、まさに「擦り合わせ」技術です。
 
 ハイブリッドカーには、元来、自動車メーカが持っていなかったモータやイ
 ンバータ、電池などの技術が必要ですが、あえて内製化することで、キーデ
 バイスの主導権を握り、高いレベルで統合化を実現しています。
 
 
 現場で起きているこれらの事象は、非常に細かなものですが、細部の戦術に
 徹底的にこだわった「勝つ工場」がなければ、「強い本社」を担ぐことは出
 来ません。
 
 愚直に「ものづくり」を掘り下げるトップ企業の事例を収めた本書は、大き
 な刺激を与えてくれること、請け合いです。
 ----------------------------------
 ◇ カンドコロ! ◇
 
 「SPS(セット・パーツ・システム)」。
 
 トヨタの新しい部品供給方法だ。
 
 これまでなら各工程の部品を作業者がライン脇から選んで取り出していた。
 
 部品をあらかじめ1台分そろえておくSPSでは、セットする人手が増える
 ため、「ムダ取り」のトヨタ生産方式に逆行するように見える。
 
 これは、ハイブリッド車まで含めて5車種もを混流させるために起きた弊害
 の改善だ。
 
 一つの弊害は、部品棚の膨張。
 
 もう一つは、部品選択ミスの発生、またそれを怖れる作業者の負荷増加だ。
 
 実際、多品種混流に伴い、正味の作業時間が減少していた。
 
 これを空きスペースを利用した事前セット「SPS」により改善したのだ。
 
 また、セットする作業者は、トヨタを定年退職した人を派遣会社が再雇用し
 ている。
 
 トヨタは、まだまだ自己否定を繰り返し、進化している。

───────────────────────────────────
 ◆ 熱い行動 ◆
 キャッチアップの時代も、失われた10年も終わった。
 プロセスと製品のイノベーションが、勝ち残りの必須条件だ。
 
 エンジニアは、まず細部に徹底的にこだわり抜け。
 その上で、市場(特に高機能品と、BRICs向け普及品)を意識せよ。
-----------------------------------
 ◆ 燃えるゲージ ◆ | 炎 | 炎 | 炎 | (炎3つが満点)
-----------------------------------
 1章 中国から日本へ
 2章 日本生産の新たな強み
 3章 シャープ亀山の闘い
 4章 白物ルネサンス
 5章 日の丸パソコンの挑戦
 6章 日本から世界に
 7章 日本製造業の勝ち残り

| | Comments (10) | TrackBack (0)

January 11, 2006

グローバルエンジニア

globalengineer
 【今週の一冊】
 ●『グローバルエンジニア』
  世界で活躍する技術者になるには

  著:古屋 興二(日経BP企画)
   2005.12 / ¥1,890

-----------------------------------
 ◆ 燃える一言 ◆

『これからの日本、いや世界の産業界は、
    グローバルエンジニアでなければエンジニアとして通用しなくなる。

     これからの世界をリードするのは、
               グローバルエンジニアである、あなただ。』

-----------------------------------
 「グローバルエンジニア」とは、新しいカテゴリーのエンジニア群であり、
 従来の電気や機械といった専門技術分野によって区分したものではありませ
 ん。
 
 この言葉は、50年以上前の「TIME」誌に掲載された、当時外国で活躍してい
 るエンジニアを指して使われたのが起源とされています。
 
 しかし、より頻繁に使われるようになったのは、急激に国際化が進み、大手
 だけでなく中小の企業でも、世界を舞台として活躍するエンジニアが嘱望さ
 れるようになった、ここ20年くらいのことでしょう。
 
 世界で活躍する「グローバルエンジニア」としての資格・資質・条件などに
 ついて、数々の事例を交えながら本書では解説を試みています。
 
 
 必要な能力の第一は、「コミュニケーション力」、つまりは英語力です。
 
 エンジニアの英語能力といえば、専門分野の技術英語を知っていれば十分と
 考えがちで、例えば工学英語の教育として、専門科目を英語で教える、等が
 なされています。
 
 ところが、エンジニアもグローバルな舞台で仕事をするようなレベルになる
 と、純粋にエンジニアとしての仕事だけではなく、会社の利益代表のマネー
 ジャーの立場で、コミュニケーションしなくてはならなくなります。
 
 そうした込み入った会話、そして数式や理論だけでは割り切れない人間の感
 情や倫理の話を、技術英語だけで乗り切っていくことは困難です。
 
 
 英語のコミュニケーションは、極めて論理的ですから、話をしていて先々が
 分かり、結論までが大体分かるレベルにならないと、グローバルエンジニア
 としての英語力は不十分といえるでしょう。
 
 また、インターネットで検索する場合でも、Yahoo!JAPANで日本語でキーワー
 ドを打ち込んだ結果と、同じ意味のキーワードを英語でYAHOO!検索するので
 は、情報量に格段の差が出ることは言うまでもありません。
 
 
 また、「自己主張力」「独創力」「マネジメント力」も必須の条件です。
 
 米国の会社では、何の提案もしない、自分で仕事を取ってくることもしない
 人は、一生他人に使われる身となってしまいます。
 
 自ら研究や製品開発を立案して仕事を創造する。
 
 そのアイデアを会社にプロポーザル(提案書)を書いて認めてもらう。
 
 プロポーザルには、「オブジェクティブ(目的)」「テクニカルアプローチ
 (技術手段)」「プロジェクトマネジメント(実行計画)」「デリバラブル
 (完成品の形態)」「コスト・エスティメイト(予算見積)」の5つが必ず
 明記されています。
 
 これらは仕事をマネジメントするために熟知していなければならない事項ば
 かりであり、これが活躍するエンジニアの思考なのです。
 
 
 その他、会議への参加姿勢や、国際感覚、また技術者倫理など、身に着ける
 べき項目は多岐に渡ります。
 
 しかし、少子化、理系離れが進む日本にあっては、いずれは理工系留学生や
 海外エンジニアの移民受け入れが進むこと、そして一層海外との交流が進む
 ことは間違いありません。
 
 だからこそ、今、この時点でグローバルエンジニアの重要性を自覚し、知識
 だけでなく、人間力も磨くことが、我々のなすべきことに違いありません。
 ----------------------------------
 ◇ カンドコロ! ◇
 
 「グローバルエンジニア」というと、欧米に目が向きがちだ。
 
 しかし米国エンジニアがヨーロッパへ行っても、ヨーロッパのエンジニアが
 米国に行っても、また彼らが中国に行くと、ともすれば何らかの問題が起こ
 りがちな印象がある。
 
 また、日本のエンジニアがそれら諸国に行く場合、せっかく技量を持ちなが
 ら、英語力や社交性の問題でうまくいかないケースが多い。
 
 ところが、オーストラリア人エンジニアは、相手から高い評価を受けこそす
 れ、不評を買うことがは少ない。
 
 
 それは、オーストラリア人の異文化に対するフレキシブルな対応力にある。
 
 例えば、イスラムの人たちも多くオーストラリアには暮らしており、うまく
 溶け込んでいる。
 
 だからオーストラリア人は、欧米からも、またアジアの国からも、抵抗や摩
 擦なしに受け入れられ、受け入れるユニークな環境を作り出している。
 
 
 そして、オーストラリア人エンジニアは、いったん社会に出て、そこで興味
 のある分野を見つけて改めて大学で専門分野を学ぶため、幅広い経験と知識
 を備えている。
 
 筆者の一人は、「グローバルエンジニアの育成には、オーストラリアが最も
 適している」と推薦しているのも、納得できるだろう。

───────────────────────────────────
 ◆ 熱い行動 ◆
 あなたはTOEIC(またはTOEFL)の点数は何点ですか?
 どのように習得するのか。遅くなるほど、道は険しい。
 
 相互理解のためには、己を知らねばならない。
 会社の肩書き抜きで、自分を語れ。
-----------------------------------
 ◆ 燃えるゲージ ◆ | 炎 | 炎 | 火 | (炎3つが満点)
-----------------------------------
 1章 グローバルエンジニアの潮流
 2章 グローバルビジネスの最前線 国際舞台で活躍する7人のメッセージ
 3章 グローバルエンジニアに必要な能力
 4章 欧米と日本のグローバルエンジニア教育
 5章 グローバルエンジニアが世界をリードする

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 05, 2006

物の見方 考え方

mononomikata_kanngaekata
 【今週の一冊】
 ●『物の見方 考え方』

  著:松下幸之助(実業之日本社)
   2001.03 / ¥1,575

-----------------------------------
 ◆ 燃える一言 ◆

 『われわれの前には、無限の仕事が課せられているのである。
 
    人間として宿命的に、そういう使命を果たすべき立場に、
         われわれはおかれているという自覚を持ちたいと思う。』

-----------------------------------
 光のどけき新春に、心新たに一年の計を律する方も多いことでしょう。
 
 温故知新、ここは一つ、幸之助翁に「ものづくり」の初心を尋ねてみましょ
 う。
 
 
 われわれが「ものづくり」をするのは、何のためでしょう?
 
 自分が食べていくため?給料をたくさん得るため?
 
 もちろん待遇も必要ですが、もっと大きな「ものづくり」の使命があると、
 彼は言います。
 
 それは「いろいろの物をつくって社会の多くの人たちの経済生活を、日一日
 と向上させていく」ことです。
 
 
 それを実現する理念を、水道水に例えます。
 
 幸之助氏の若かりし頃、大阪天王寺の場末の町の共同水道で、荷車を引いて
 きた人が喉の渇きを癒しているのを見ます。
 
 水道は飲めるように加工するのに料金を払っているのだから、ただではない
 が、無断で飲んでいても誰もとがめない。
 
 それは、いかに大切なものであっても、ひとしく大量にある水は、ただに等
 しいからであると気がつきます。
 
 
 人間にとって、冷蔵庫や、衣料、その他あらゆるものは、水のように必要な
 ものに違いない。
 
 それらが水道の水のように、何でも欲しいだけ、ただのごとくあれば、この
 世に「貧」も、「貧」から生まれる犯罪もなくなるのでないか。
 
 そうすると、私(松下幸之助)の使命は、水道の水のように、電気器具をつ
 くることであり、そこに自分の「ものづくり」の使命があると知るのです。
 
 
 これは当然、簡単なことではありませんが、究極の目的です。
 
 日本だけではなく、全世界の共通の力で物資をだんだん安くしていき、満ち
 足りた世の中にしていく。
 
 現に水道水が、そうなっているように。
 
 これが、幸之助氏の「水道哲学」です。
 
 
 そう考えれば、勇気が出てくるではないですか。
 
 金儲けとか、個人の成功とかは、(もちろんそれも感情的にはうれしいこと
 だけど)尊い使命を果たすことと比べれば、問題にならない。
 
 心魂を打ち込んでやるという正義感と希望が生まれてくるのです。
 
 
 そのため我らエンジニアができることは――。
 
 冒頭の言のように、「無限の仕事」が広がっています。
 
 さあ、志を高く、今年も熱き「ものづくり」に燃え上がりましょう!
 
 ----------------------------------
 ◇ カンドコロ! ◇
 
 本当に役に立つ人は、「仕事に熱心な人」、「熱のある人」。
 
 幸之助氏がいろいろな人を見てきた中での実感だ。
 
 例えば、二階に昇りたい、何とかして昇りたい、という熱のある人はハシゴ
 を考える。
 
 昇りたいなあ、くらいの人ならハシゴまで考えない。
 
 その人の才能が優れているからハシゴを考えるということもあるが、やはり
 熱意である。
 
 人間の才能や知識も、熱意があって初めて生きてくる。
 
 だからといって、家庭の妻や子を忘れろというのではない。
 
 そういう仕事に熱意のある人は、家庭生活の設計にも熱が入る人だ。
 
 そして、多くの人から喜ばれている。

───────────────────────────────────
 ◆ 熱い行動 ◆
 あなたは何のために働いているか。
 何のために「ものづくり」をするのか。
 あなたの「使命」は何だろうか。
 
 この問いかけに、答えなければならない。

-----------------------------------
 ◆ 燃えるゲージ ◆ | 炎 | 炎 | 火 | (炎3つが満点)
-----------------------------------
 会社経営のカンどころ/責任の持ち方/金だけが目的で仕事はできぬ/
 事業に失敗したらどうする!?/長期勤続のちから/伸びる会社・伸びる社員
 /難局を切り抜ける条件/事志に反す/私の軍師・加藤大観/
 私のアメリカ土産/ものの見方考え方/商売の道/役に立つ人間/
 「のれん」の精神/オランダに学ぶ/心の持ち方/私の学校教育論/
 お金のかからぬアメリカ/経営についての考え方/
 日本の経営者、アメリカの経営者/功ある人には禄を与える/
 人多くして人なし/「運」について考える

| | Comments (12) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »