« 現場はもっと強くなる | Main | あしたの発想学 »

September 20, 2006

自動車と私 カール・ベンツ自伝

Karlbenz
 【今週の一冊】
 ●『自動車と私 カール・ベンツ自伝』

  著:カール・ベンツ 訳:藤川芳郎(草思社)
  2005.10 / \1,785

----ものづくりを応援!技術士やまさんの「えんぢに屋本舗」-----

 ◆ 燃える一言 ◆

 『どうか信じていただきたいのだが、
 
   私にとって「発明の成果」よりも「発明すること」の方が
                     はるかにすばらしいのだ。
   
    ああ!もしも必要ならもう一度最初からだって喜んで始めるだろう』

-----------------------------------

 燃料電池車が開発され、ハイブリッドカーの生産が急増している現在でも、
 「自動車」の基本は、エンジンで生み出した動力で「走る」「曲がる」「止
 まる」機能を備えた機械です。
 
 その実用的な「自動車」を120年前に生み出した、偉大なる発明家「カール・
 ベンツ」氏の自伝を紹介しましょう。
 
 
 高等工業学校で、機械の理論と実習を学びながら、彼はすでに「馬なしで走
 る車」を作り上げるという「とてつもない」目標を胸に抱きます。
 
 そのため、自ら技能を修得するため工場労働者として、薄暗い現場で12時間、
 旋盤や研磨の腕を磨きつつ、「線路のない機関車」の構想を練っていきます。
 
 そして次に働いた設計事務所で、製図の経験を積んだ上で、いよいよ「ガス
 エンジン(内燃機関)」の製造に取りかかります。
 
 奥さんとの必死の開発により、定置式の2サイクルエンジンは完成し、事業
 は軌道に乗ります。
 
 そしていよいよ、念願のエンジン駆動車の開発に着手したのです。
 
 
 最重要課題は、軽量で高回転なエンジンを製造することでした。
 
 ここでベンツ氏は、複雑な2サイクルエンジンから軽量化が可能な4サイク
 ルエンジンに変更し、そして「電気火花式」の点火装置を発明します。
 
 これはバッテリーの電圧を昇圧して、プラグの電極間に火花を飛ばすという、
 まさに現在のエンジンの技術そのものでした。
 
 さらに、ガソリンを適度に気化させるキャブレータ、そして高温のエンジン
 を冷ます水冷の冷却器という基礎技術も、彼は発明しています。
 
 
 そして動力伝達に不可欠なクラッチや、前輪操舵のためのアッカーマン・ス
 テアリング、ゴムタイヤなども、既に盛り込まれていました。
 
 圧巻は、デファレンシャル・ギア(差動装置)です。
 
 自動車の後輪は、曲がる際には内側と外側で移動距離が変わるため、その差
 を調整する必要があり、これを解決するための機構が差動装置であり、これ
 こそ現在の自動車にも不可欠な技術です。
 
 これらの機構がすでに「最初の自動車」に搭載されていたことを、文章と写
 真から見るにつけ、ベンツ博士の卓抜した想像力と、「自動車」の安全に当
 初から配慮した先見性に、ただ恐れ入るばかりです。
 
 
 こうした新技術の開発もさることながら、これまでにない移動手段を世に送
 り出したときの嘲笑や非難、警察や法律の壁などを乗り越えていった「信念
 」に、また驚かされます。
 
 その熱き想いは、ひとえに「人類に新しい交通手段をプレゼントしたい」と
 生み出した、自動車に対する自信、確信から溢れ出ていたのです。
 
 
 最後に、偉大な発明家であり、そして技術者であった氏から、若きエンジニ
 アへのメッセージを挙げましょう。
 
 「どうか立派な技術者になってください!
 
  なぜなら技術者は―哲学かぶれの連中や言葉の軽業師とは異なり―よりよ
  き未来の開拓者なのです」

-----------------------------------
 ◇ カンドコロ! ◇
 
 最初の自動車は、3輪車であった。
 
 当初から4輪車をベンツ氏は作りたかったが、運転の安全性が難問だった。
 
 馬車のように、車軸全体を動かす方法はには、彼は反対だったのだ。
 
 その理由の一つは、馬車方式では、カーブを曲がるときに極めて大きな摩擦
 が生じ、運転に大きな力を必要とするからである。
 
 もう一つの理由は、4輪で直進する場合は4隅に車輪があって安定するが、
 曲がろうと前の軸を動かすと、4つの車輪が乗り物を支える面が3角形に近
 づき、安定性が低下するからだ。
 
 自分の車は街角に差しかかるたびに途方に暮れるような未完成なものにした
 くない。
 
 そこで完全に正しい解決法が見つかるまで、運転に申し分のない3輪自動車
 を彼は作り続けたのである。
 
 やがてこの問題を解決する、アッカーマン・ステアリング方式を実用化する
 ことで、「自動車の基本的な技術は完成した。」
 
 さらっと彼は書いているが、この一文の意義は極めて深い。

───────────────────────────────────
 ◆ 熱い行動 ◆
 発明の発想という壁、その実現化という壁。
 そして世の中の「常識」という壁。3枚の壁を突き破るのは信念だ。
 
 起こりうることに細心の注意を払い、対策を講じよ。
 そこに発明(特許)のタネがある。
-----------------------------------
 ◆ 燃えるゲージ ◆ | 炎 | 炎 | 炎 | (炎3つが満点)
-----------------------------------
 村の鍛冶屋の炎に照らされて
 父と母
 幼年時代のカール
 夏休みの楽しみ
 ギムナジウム時代
 「若いころはおいらも怖いもの知らずで、途轍もない目標を心に秘め、つぶ
 らな瞳で人生を覗いていたものさ」
 遍歴時代
 ボーン・シェイカー型自転車に乗って
 自分の家と作業場
 生涯で最高の大晦日〔ほか〕
-----------------------------------
 ◆ 関連ページ ◆
 ・メルセデスベンツ
 ・出版社 草思社
 ・アマゾン 『自動車と私 カール・ベンツ自伝』
 
----ものづくりを応援!技術士やまさんの「えんぢに屋本舗」-----

|

« 現場はもっと強くなる | Main | あしたの発想学 »

Comments

I'm Glad i found this website.Added endinear.way-nifty.com to my bookmark! Check out my Kissing Guide !

Posted by: Kissing Guide | February 17, 2011 at 05:16 PM

What i do not understood is in reality how you are no longer actually much more smartly-liked than you may be right now. You're very intelligent. You know therefore significantly in terms of this matter, made me personally believe it from numerous various angles. Its like women and men are not interested except it's one thing to do with Girl gaga! Your personal stuffs great. At all times take care of it up!

Posted by: https://www.Youtube.com/watch?v=2BT1W7q6aFI | April 18, 2014 at 12:30 PM

My relatives every time say that I am wasting my time here at net, but I know I am getting familiarity every day by reading thes fastidious articles or reviews.

Posted by: autumn dynasty warlords hack | April 20, 2014 at 11:59 PM

I'm really impressed together with your writing skills and also with tthe format for your weblog. Is that this a paid thee or did you modify it yourself? Anyway stay up the excellent high quality writing, it is rare to see a nice weblog like this one these days..

Posted by: learn more about online surveys | August 02, 2014 at 06:23 PM

If you would like to get a great deal from this piece of writing then you have to apply these methods to your won blog.

Posted by: where can i download music for free | April 04, 2015 at 08:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48474/11971386

Listed below are links to weblogs that reference 自動車と私 カール・ベンツ自伝:

« 現場はもっと強くなる | Main | あしたの発想学 »