« 強い工場のしくみ | Main | 時計屋が育てた世界のベストセラーマシン »

January 11, 2007

この国の魂

Konokuninotamashii
 【今週の一冊】
 ●『この国の魂』
  技術屋が日本をつくる

  著:立花 啓毅(二玄社)
  2006.10 / ¥1,260

----ものづくりを応援!技術士やまさんの「えんぢに屋本舗」-----

 ◆ 燃える一言 ◆

 『低迷する日本のモノ作りに必要なのは、作り手の「美学」である。
 
   「美学」とはイコール、人の「器」のことであり、
                   「器」とは「魂」のことである。
 
       この「魂」が今、日本経済を支える技術者に求められている』

-----------------------------------

 以前、米経済紙『ビジネスウィーク』に、「日本車は日本人のイメージとそ
 っくりで、おもしろくない」と書かれたことがあるそうです。
 
 それこそ「おもしろくない」記事ですが、レクサスが苦戦し、欧米高級車が
 依然、人気を誇っている現状を見及ぶに、頷かざるを得ない部分もあります。
 
 筆者は、「我々自身が面白みや文化、哲学を持たないからクルマもそうなっ
 てしまう」と断じます。
 
 日本車の中でも名車と謳われる、ユーノス・ロードスターやRX-7のプロジェ
 クトリーダーを歴任した筆者ならではの、辛口「ものづくり」論に耳を傾け
 てみましょう。
 
 
 繊維産業はイギリスの産業革命を機に機械化され、大量生産されるようにな
 ると、イギリスからコストの安いアメリカ東海岸に移りました。
 
 次に西海岸へ、そして日本へ。更に韓国、中国へと移行しました。
 
 家電も同じ運命をたどっているように、商品は完成域に達すると、人件費の
 安い地域へ流れていきます。
 
 これを「商品循環論」といい、この風は否応なく世界中に吹き荒れています。
 
 
 クルマも技術的には完成域に達しており、ヨーロッパでは影の薄いメーカー
 は姿を消し、アメリカではビッグスリーも苦境に立たされています。
 
 では日本のメーカーがこの「商品循環論」の風に吹き消されないためには、
 どうすればよいのか。
 
 今や中国の独壇場となった繊維産業であっても、西陣織や紬など、個性や文
 化的背景のあるものは生き残り、世界から尊敬されています。
 
 この個性や文化こそ、「美学」であり「魂」です。
 
 世界一の品質と生産台数を誇る日本車に足りないもの、それがこの「魂」だ
 と筆者は声高に叫んでいるのです。
 
 
 過去の実績の積み重ねから、コンピュータの解析で試作車の完成度は、初め
 から80%程度にまで到達できるようになりました。
 
 しかし、「ニッパチの法則」と言われるように、残りの2割を高めるには、
 8割の力が必要とされ、現在のクルマは、まさに最後の詰めにエネルギーを
 かけるか否かで決まります。
 
 最後の20%を持ち上げる力こそが、技術屋の「魂」であり、クルマを総合
 的に判断できるセンスなのです。
 
 
 筆者はこの「魂」を、教育論や国家論まで掘り下げて語っているように、も
 のづくりの原点は、小手先ではない、人間性に深く根ざしたものであること
 を気付かせてくれる一冊です。

-----------------------------------
 ◇ カンドコロ! ◇
 
 デザインとは、「行動原理」に沿ったものでなければならない。
 
 「行動原理」とは、例えば次のようなことだ。
 
 ドアのインナーハンドルを搭乗者により近づけると、使い勝手は悪いが、身
 体をひねってドアを開けようとする。
 
 すると上半身が後ろを向き、自然に後方を確認してからドアを開くことにな
 る。
 
 意識せずとも安全を確認することができるわけだ。
 
 デザインとは、人の動きの中に溶け込んだ造詣でなければならないのだ。

───────────────────────────────────
 ◆ 熱い行動 ◆
 流行を追うな。大衆に媚びるな。
 人の意見を取り入れすぎると、平均点のつまらないものにしかならない。
 
 器は感動の量に比例する。
 器は愛することの喜びと、悔し涙の回数に比例するのだ。
-----------------------------------
 ◆ 燃えるゲージ ◆ | 炎 | 炎 |   | (炎3つが満点)
-----------------------------------
 第1章 モノってなんだろう?
 第2章 魂あるクルマ
 第3章 モノ作りの要諦
 第4章 日本は腑抜けになった
 第5章 オトコとしての価値
 第6章 視点を変えると世界が見える
 第7章 作り手としてのプライドを見せよ
-----------------------------------
 ◆ 関連ページ ◆
 ・マツダ ロードスター
 ・出版社 二玄社
 ・アマゾン 『この国の魂』
 
----ものづくりを応援!技術士やまさんの「えんぢに屋本舗」-----

|

« 強い工場のしくみ | Main | 時計屋が育てた世界のベストセラーマシン »

Comments

Intereseting Blog!

http://www.ezbusinessloans.com

Posted by: Small Business Loans | April 01, 2010 at 01:52 AM

I'm really Glad i discovered this blog.Added endinear.way-nifty.com to my bookmark! Check out my Kissing Guide !

Posted by: Kissing Guide | February 17, 2011 at 05:16 PM

You certainly have some agreeable opinions and views. Your blog provides a fresh look at the subject.

Posted by: sdfsdgfd | April 11, 2011 at 12:00 AM

突然訪問します失 礼しました、あなたのご光臨を期待致します。
ありがとうございます ブログの持ち主だけに
当社商品の数量は多い、品質はよい、価格は低い、
なにとぞよろしくお願いいたします弊社はコーピ品を販売するインタネットショップです。弊店はデザインが多い、値段が低いございます。
催情剤:http://www.86and81.com/list/17.html
ED助勃:http://www.86and81.com/list/12.html
滋養強壮:http://www.86and81.com/list/13.html
早漏防止:http://www.86and81.com/list/11.html
カプセル媚薬:http://www.86and81.com/list/18.html
潤滑剤:http://www.86and81.com/list/15.html

Posted by: 韓国痩身1号 | June 02, 2012 at 06:42 PM

品質はよい、価格は低い、
なにとぞよろしくお願いいたします弊社はコーピ品を販売するインタネットショップです。弊店はデザインが多い、値段が低いございます。
健康食品:http://www.hellokanpou.com/CL01/15.html
避妊薬 中絶薬:http://www.hellokanpou.com/CL06/
女性用媚薬:http://www.hellokanpou.com/CL05/
漢方薬:http://www.hellokanpou.com/CL04/
ダイエット薬:http://www.hellokanpou.com/CL03/

Posted by: 蒼蝿粉 | June 18, 2012 at 07:06 PM

Posted by: ルブタン 靴 通販 | August 25, 2012 at 09:51 AM

Νice response in return of this issue with firm arguments and explaining everthing on the topic of that.

Posted by: fetish video on demand | February 02, 2014 at 07:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48474/13438777

Listed below are links to weblogs that reference この国の魂:

» 無駄な時間と労力をかけない簡単投資手法 [★ローリスク・ハイリターンを実現できます!★]
リスク管理も利益追求もホッタラカシで可能なんです。 [Read More]

Tracked on January 11, 2007 at 07:42 PM

« 強い工場のしくみ | Main | 時計屋が育てた世界のベストセラーマシン »